矯正装置のご紹介

| 矯正装置のご紹介
当院が取り扱う矯正装置はさまざまな種類があり、それぞれにメリットがあります。
当院では、患者様のお口の状態や患者様のご要望を考慮し、最適な矯正装置をご案内しています
マルチブラケット法

もっとも治療実績がある矯正治療法です。
歯に「ブラケット」という装置を装着し、ワイヤーを通して歯を固定することで歯を矯正します。ブラケットの素材は金属やセラミックス、プラスチックなどさまざまです。
精度の高い矯正結果が期待できることがメリットです。
目立ちやすいことがデメリットですが、近年は目立ちにくいカラーの器具も登場しています。

クリアブラケット

マルチブラケットの一種ですが、透明度の高いセラミックブラケットを使用することで、通常のブラケットより目立ちにくいというメリットがあります。
クリアブラケットは、欧米人と比較して歯やあごが小さい日本人の骨格にもマッチするよう、国内で開発されたものです。そのため、比較的無理のない矯正治療を進める
ことができます。
また、ブラケットとワイヤー間の摩擦が従来品よりも低減したため、治療期間も短縮されました。

ラディアンス

ブラケットの中でいちばん目立たない矯正装置です。
単結晶サファイアを使用したセラミック装置で、輝くような透明感があります。
表面が軟らかく全体的な丸みがあるので、違和感が少ないことが特徴です。

クリスタブレース

ガラス系の丈夫な新素材で、清潔な透明感を長期間保つことができ、見た目にも美しく、体に優しいのが特徴です。

クリッピーC

半透明のセラミック素材のブラケットです。従来のブラケットとは異なり、ゴムや結紮線で固定することなく治療を行えます。
通常の矯正装置に比べてコストはややかかりますが、審美性に優れているので見た目を気にさせる方にお勧めです。
歯磨きがしやすくなるので、衛生的にも優れています。
摩擦抵抗が少ないため、治療期間が短くなり、矯正中の痛み軽減も期待できます。

メタルブラケット

もっともオーソドックスな矯正器具です。
装置が目立つというデメリットはありますが、薄くて丈夫、そして比較的低コストで矯正治療を行えるというメリットがあります。

裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正)

歯の表側に矯正装置を装着するのではなく、歯の内側(舌側)に装置を装着する方式です。
器具が裏側に隠れるので、人目を気にされる方には最適な矯正法といえます。

裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正)

歯の表側に矯正装置を装着するのではなく、歯の内側(舌側)に装置を装着する方式です。
器具が裏側に隠れるので、人目を気にされる方には最適な矯正法といえます。